学校教育目標
校  訓

学校のあゆみ
  
明治 6年 明治5年の学制発布を受け、知言学校(塩名田)、修省学校(御馬寄)、右文学校(中原)、彰蔵学校(八幡)が開校。以降、幾多の変遷を経て尋常小学校より国民学校となり、昭和20年、終戦を迎える
昭和22年 4月 六三制実施、中津国民学校、御牧国民学校が中津小学校、御牧小学校となる
  33年 1月15日 中津村、五郎兵衛新田村、南御牧村の三か村が合併し浅科村となる
  56年 9月 7日 統合小学校校舎竣工式
  57年 4月 3 中津小学校と御牧小学校を統合し浅科村立浅科小学校が現在地に開校する
  58年 4月15日 たけのこ学級開級
     10月24日 粘土焼き窯小屋完成
  59年 7月16日 校庭の夜間照明装置竣工式
     10月16日 いなごとりをし、その収益金を震災を受けた王滝村へ寄付
  60年12月16日 五年生収穫祝い(もちつき大会)
  61年 3月30日 浅科小学校統合記念誌発行
      5月24日 こいのぼり集会開始
  62年10月16日 県視聴覚放送研究大会開催
     12月19日 増築校舎落成式
  63年 9月21日 兄弟学級による野外給食開始
     12月13日 みどりの牧場学園と交流会
平成 元年 6月 空き缶投捨て防止のため国道142号線沿いにマリーゴールドを植える
   2年11月30日 文部省地域指定同和教育研究発表会開催
   3年 3月 9日 校訓「賢・優・健」体育館に掲額
     10月30日 普賢岳噴火被災の大野小場小学校へ、募金活動をし収益金を寄付
   4年 3月11日 開校10周年記念誌発行
     11月 6日 県美術教育研究大会佐久大会開催(浅科幼小中学校)
   9年 7月19日 信州生活科教育研究大会県大会開催
  10年 4月 1日 長野県社会福祉協議会より社会福祉協力校(三年間)に指定される
      4月23日 フラワーロードの活動が認められ建設大臣表彰を受ける
      6月30日 ゴミ運搬用軽トラック購入
      7月 1日 焼却炉使用禁止となる
      8月中旬 排水管が村の下水道に連結する
     11月 児童会で赤い羽根共同募金活動開始
  11年 2月 9日 日本体育学校安全センターより学校安全優良校の表彰を受ける
      2月28日 車庫物置・ゴミステーションが完成
      3月25日 共生の森「みなこいランド」完成
      3月31日 漏水のため給水管を校内に配管し直す
  12年10月25日 パソコン教室完成
   13年 20周年記念式典を行う 20周年記念誌発行 
夏休みに校舎大改修工事を実施
  14年 学校完全週5日制となる。PTA支部自転車教室第1回開催
  15年 プール塗装工事  学校給食表彰
信州豊かな環境づくり県民会議より表彰 交通事故防止活動により知事表彰 スキー教室の講師、そり・マラソン大会等への保護者ボランティア活動始まる
全員による校内公開授業、研究会始まる  
  16年 東京都立大学、小国喜弘助教授を招いて授業研究会
信州理科研究会の会場校となり授業公開
中越地震、スマトラ沖地震に児童会が募金活動を実施
第45回交通安全全国民運動中央大会(東京日比谷公会堂)で常陸宮殿下・妃殿下、総理大臣等の臨席のもと、表彰を受けた。
学校自己評価の中の「憧れや夢をもっている」児童が93%に達する。
村最後にあたり、寺尾賢明氏による「夢」の書、卒業記念として体育館へ掲額される。
  17年 町村合併に伴って、「浅科村立浅科小学校」から、「佐久市立浅科小学校」となる。
教育課程研究協議会会場校として2年2組で「生活科」の授業公開と授業研究会を行った。
10月、学校公開日として、東京大学大学院佐藤学教授をお迎えし、3年1組で「算数」授業研究を行った。
2月、研究のまとめとして、信州大学村瀬公胤先生をお迎えし、全教室公開、2年1組で授業研究を行った。


目次へ